HOME > 会社案内
企業理念


人と地球の現在と未来に貢献していくこと。
この思いこそが『日本ナチュロック』の原点であり、自らに課し続けているテーマです。
例えば、資源や経済に大きな負担を与えることなく、あらゆる生物が安心・安全に共存でき、
その豊かさが時代を超えて継続されるという
"サスティナブル(持続可能)"な環境システムの創造を実践していることも、
『日本ナチュロック』が果たしている大切な役割のひとつ。
このサスティナブルという視点から生まれた製品を、
道路や砂防の擁壁や河川の護岸、構造物などに応用することで、
地球の温暖化対策も持続的に前進することになるのです。

人と自然とが語り合える環境を、もう一度実現したい。
あたたかな自然の表情を、たくさんの人々に伝えたい。
そして、潤いある地球を未来の世代に残したい。
私たち『日本ナチュロック』は、富士の麓で育まれた広大な発想、
独自の研究開発から生まれた環境製品を通じて、
この思いと姿勢を、どこまでも貫き続けてまいります。
菅原聡

日本ナチュロック株式会社
代表取締役社長 菅原 聡


会社概要

◆日本ナチュロック株式会社 会社概要
社名
日本ナチュロック株式会社
英文表記
NatuRock Japan Co.,Ltd.
本社
〒107-0052
東京都港区赤坂7-10-6 ストークビル赤坂3F ( google map )
TEL: 03 ( 3589 ) 3333
FAX: 03 ( 5575 ) 8262
E-Mail : kikaku@naturock.co.jp (@を大文字にしています)
設立
1987年12月
代表取締役
菅原 聡
取扱製品
ナチュロック、多孔質環境ブロック、大型連節ブロック、
サスティナパネル、ビオボード、ビオフィルムHタイプ、
ビオフィルムFタイプ、鋼矢板化粧工法、ビオボードBOX、
路肩プランター、天然石型枠パネル、等
主な納入先
国土交通省、農林水産省、全国都道府県各市町村
NEXCO、首都高速、JR、UR、建設コンサルタント、各建設会社
  
◆ナチュロックプロモーション株式会社 会社概要
社名
ナチュロックプロモーション株式会社
英文表記
NatuRock Promotion Co., Ltd
本社
〒107-0052
東京都港区赤坂7−10−6 ストークビル赤坂 ( google map )
TEL: 03 ( 3589 ) 3333
FAX: 03 ( 5575 ) 8262
設立
2016年3月
代表取締役
佐藤 俊明 ( blog )
事業内容
環境製品「ナチュロック」のコンサルティング及びプロモーション、新製品の開発
建築材料「ナチュロック」製品の企画提案販売
多孔質溶岩石の調査研究・土木景観の調査研究
石材の輸入販売卸
溶岩ジュエリーの製造販売
佐藤俊明
ナチュロックプロモーション株式会社
代表取締役 佐藤俊明


コンクリートと天然石を複合させたビオトープ型環境製品「ナチュロック」を開発者。1985年6月に富士山6合目に施工以来全国の国立公園内や公共事業工事の河川、道路を中心にナチュロックの施工現場数は2016年8月現在で約13,500箇所、1999年にベネチアで開催された世界最大規模のプレキャスト製品の国際会議BIBMで溶岩を複合した環境製品の論文を発表して世界的評価を得る。現在は環境土木のリニューアル製品ビオボード、ビオフィルム、溶岩パネル、ビオマークなどの普及活動で地球温暖化対策やビオトープの復元を視野に入れた美しい日本を再生することを目指す。2014年には世界遺産富士山の砂防堰堤、導流提の景観修景の提案をお行い、現在砂防堰堤30基の工事が行われている。
マスメディアにおいては2005年8月にTBS夢の扉30分ドキメンタリー番組「溶岩を使って地球温暖化対策を目指し美しい日本を再生したい」が放映され、2008年8月には首都高速道路壁面緑化をテーマに続編が放送される。また、2012年7月には建築資材としてテレビ東京「ガイアの夜明け」 朝日テレビ「スーパーJチャンネル」特集、NHKワールドニュース「Japanese Lessons」世界120ヶ国に放送され、2015年にはBSTBS「奥田瑛士のドキュメント番組」世界基準で都市部の土木景観を目指す企業として紹介される。
2016年8月に日本ナチュロック社代表取締役社長を退任、更なるナチュロック製品の全国普及を目指す決意し、共和コンクリート工業株式会社に事業譲渡。2016年3月に新会社ナチュロックプロモーションを設立、日本ナチュロック社のサポートと「ナチュロック」製品プロモーション活動及びナチュロックの新製品開発を行っている。
書籍
溶岩革命
溶岩革命―ジュエリーから砂漠緑化まで 都市を冷やせ、壁面緑化に挑んだ男の物語
富士山の麓にコンクリートブロックは似合わない。
原風景への想いが、溶岩ブロックの開発につながった。
三面張り護岸の改修のために新製品の開発が求められた。
私は“首都高を世界一の環境ハイウェイに”と訴えた。
東急ハンズ渋谷店前で緑の壁をつくる。
溶岩とアロマを使い、香りを身に纏うジュエリーを開発する。
砂漠の緑化をめざし、アラビア半島へ。
単行本: 238ページ
著者:佐藤俊明
出版社: プレジデント社 (2001/06)
ISBN-10: 483341970X
ISBN-13: 978-4833419703
川は生まれ変わるか
川は生まれ変わるか―ニュータイプ「エコ・ビジネス」の静かなる挑戦
本書には、古代より変遷してきた川と人との歴史を織りまぜながら、
垂直護岸の壁面緑化に挑んできた企業の水辺の修景論が綴られている。
単行本: 223ページ
著者:佐藤俊明
出版社: プレジデント社 (2001/06)
ISBN-10: 4833490730
ISBN-13: 978-4833490733
癒しの溶岩園芸
癒しの溶岩園芸
溶岩園芸は暮らしの中にさわやかな自然の息吹を運んでくれます。
溶岩を自然の大地にみたて、お好みの植物をアレンジすれば、
自然の風景が凝縮されたスモールガーデンを生みだせるのです。
素朴で懐かしい「小さな自然づくり」が楽しめる実践ガイド。溶岩園芸・主要取扱店リスト付。
新書: 212ページ
著者:佐藤俊明
出版社: 日本放送出版協会 (2002/08)
ISBN-10: 4140880384
ISBN-13: 978-4140880388
自然派スタイルの溶岩園芸
自然派スタイルのスモールガーデン―溶岩と植物を楽しむアレンジ集
情趣豊かな四季があり、適度な湿度をもつ日本の風土に合った身近な植物たちを、
太古の時代から人となじみの深かった軽石・溶岩というユニークな素材を使って、
もっと自然に、自分流に楽しむ方法を紹介。
単行本: 103ページ
著者:佐藤俊明
出版社: 日本ナチュロック (2001/05)
ISBN-10: 4896138708
ISBN-13: 978-4896138702


グッドデザイン賞

ビオボード グッドデザイン賞
1997-1998 グッド・デザイン商品選定証

ナチュロックのビオボードが、1997-1998 グッド・デザイン・アワードの
公共空間用設備・機器部門においてグッド・デザイン商品に選定されました。
選定番号 : 97N0801 部門名 : 公共空間設備・機器部門
コンクリートボード
製品名 : ナチュロック ビオボード
デザイナー : 日本ナチュロック株式会社 佐藤 俊明

ビオフィルム グッドデザイン賞
2001-2002 グッド・デザイン商品選定証

ナチュロックのビオフィルムが、2001-2002 グッド・デザイン・アワード
においてグッド・デザイン商品に選定されました。
選定番号 : 01A41130
多孔質環境素材
製品名 : ナチュロック ビオフィルム
デザイナー : 日本ナチュロック株式会社 佐藤 俊明

ビオフィルム グッドデザイン賞
2008-2009 グッドデザイン賞 受賞

緑化型遮音板ビオボードBOXが、2008-2009 グッドデザイン賞を受賞しました。
遮音板
製品名:緑化型遮音板 ビオボードBOX
受賞者: 首都高速道路株式会社 代表取締役 佐々木克己
      日本ナチュロック株式会社 代表取締役 佐藤俊明

医学団体の推奨
医学団体の推奨
米国財団法人「野口医学研究所」より、溶岩製品の施工実績が評価され品質の推奨を受ける。

米国財団法人・野口医学研究所より、日本ナチュロックの溶岩製品の
施工実績と成果が高く評価されました。 また、溶岩に関するすべての新規事業に対しても
品質を推奨されるなど、更なる栄誉を頂きました。

米国財団法人野口医学研究所 創立者 浅野嘉久様より
激励のお便りを頂きました。以下にご紹介致します。


私は今年でちょうど60歳になります。恩師のふとした出会いで、野口英世博士を改めて見直し、野口財団を作って足掛け20年になりました。人生の三分の一を野口医学研究所に捧げたことになります。
  数年前から野口医学研究所では、「人類の為になるものを身の回りから」と、野口医学研究所なりに厳しい基準を設けて、選択するようになりました。これが、従来の「ドクターホットライン」に加え、「健康食品110番」、「野口品質推奨品」の二制度を加えた動機です。
  私は戦争の真っ只中に生まれ、敗戦後の貧しい日本を米国の進駐軍が占拠するなか、いつもすきっ腹を抱え、米国軍の配給で命を繋いでいました。時々、アメリカ兵のジープを追っかけて、「ギブミーチョコレート、ギブミーチューインガム」と叫びながら小学校時代を過ごしたのを今でも思い出すことがあります。
  その後の日本は素晴らしい経済成長を遂げ、いたるところに真っ四角のコンクリートとガラスで出来た高いビルが建ちました。私はそれを誇らしいと思っていた時期があったのです。30年ほど前、外国に行って古ぼけたビルを見たとき、やっぱり日本は凄い国だ、世界のリーダーだ、貧乏な国には真似が出来まいと、正直、思ったのを憶えています。
  しかし、その後十年経ち十五年経つうちにやっと、アメリカ人の友人がフィラデルフィアのとある古ぼけたビルディングを指さしながら、「アイ ライク ディス フィニッシュ」 と言った意味が朧気ながら判ってきました。経済成長ではバブルが膨らみ真新しいビルに囲まれ、ロココ調とか、ゴシック調の戦前の建物は、黒ずんで古ぼけているとしか感じていなかった私達日本人。「美しい建物」とは新しいもののみを指しているのではないのです。私は「ナイスフィニッシュ(素晴らしい仕上げ)」とは本当の美を指しているのだと、やっと気が付いたのです。
  その後私が、アメリカだけでなくヨーロッパにも何度が行く機会を持って感じたことは、古いものを大切に保存する、そこに文化のエスプリ(精神)があるということでした。しかも彼らは外側を古く(美しく)保ちながら、エレベーターにしろ、コンピューターにせよ、最も先進の機械文明をしっかりと取り入れているのです。
  こんな私が最近またまた、頭を殴られるようなショックを感じました。ナチュロックの佐藤氏にお会いし、ナチュロックの商品を見せられた時です。わたしはこれだ!と、心の中で叫びました。無味乾燥な今の景色。都会に住む我々には直線しか有りません。しかも公害に囲まれ、家の中に非難しても、そこにはハウスシック症候群というものが待っています。若しも許されるなら、私はナチュロックに囲まれて「やすらぎ」と「健康」を取り戻したい。私達個人個人も、日本の建設業界も、否、日本国政府がもう一度回りを見直し、もっと自然を取り戻す努力をするべきです。その「意志」に答えてくれるのが「ナチュロック」なのです。
  ナチュロックの素晴らしいアイディアにも未だに課題は残ってはいます。しかし、この優秀でアイディアにとんだ会社は、きっとナチュロックに吹き付ける特殊なコーディング液を開発するに違いありません。それ自体素晴らしいものですが、さらにpH(ペーハー)を自由に変えたり、菌根菌(植物と共生し植物が根付く様にする良い菌類)が棲息できるようなロックにしていくでしょう。及ばずながら野口医学研究所も、共同研究はお手のものであるので、「ナチュロック」発展の一助を為したいと思っているところです。
 「ナチュロック」で皆様の人生生活が豊かになることを願っております。
                                                     米国財団法人野口医学研究所
                                                     創立者・評議委員会会長
                                                     浅野嘉久


  

全国に販売店がございますので、電話にてお問い合わせください。